スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ぐるめ日記/美の使徒 8】 駒込の六義園行きました(美味いハンバーガー屋も発見)

たまには明るい話題を。

日本人の美意識の結晶とも言える、駒込の六義園に行ってきました。
徳川綱吉の寵愛を受けて異例の出世を遂げた、柳沢吉保が建造した庭園で、都立庭園になっています。月曜日から検査で入院するので、紅葉が散る前に、と思って行ったのですが暖かかったせいか、燃えるような紅葉にはちょっと早かったようです。

12/14までは、21時までライトアップしているそうなので、デートにどうぞ。

六義園の名の由来は、詩経における詩の分類である「六義(むくさ)」を、紀貫之が和歌に適用したことにちなむそうで、「りくぎえん」と書いて「むくさのその」と大和言葉でかつては読んでいたそうです。

この庭園のすごいところは、六義を下敷きにして、万葉集や古今和歌集から選んだ名勝、紀州和歌浦の風景から八十八の景を写し取って園内に配置しているところです。感覚的には東武ワールドスクエアみたいな感じ。旅行が困難だった時代に、全国の名勝を楽しめるというのは、当時最高のインパクトを見る人に与えたのでは...と想像しました。

幕府の要職で公務多忙であったと思われるのに、詩学に精通できたのは吉保の頭脳明晰さの裏づけでもあるのと、実務だけでなく教養も身につけないと当時の官僚としては失格だったのでしょう。

吉保自身の美意識の集大成であることもさることながら、綱吉他将軍家の歓心を引くために注意深く設計された接待ツールであったことにも驚かされます。綱吉の来訪は生涯で58回に及んだそうです。

都内にいながら、心の洗われるひと時を過ごしました。会社から干されているならこれくらいのリフレッシュはしないと。

帰り道、たまたま立ち寄ったハンバーガー屋さんでランチを取ったのですが、とてもおいしく、ラッキーでした。都営バス千石一丁目バス停の前にあるのですが、ハンバーガー+フレンチフライ+飲み物で1000円に収まります(780円、880円、980円のセットがあります)。

今回はバーベーキューバーガーのセット880円頼みました。しかも男性スタッフしかいなくてイケメンぞろいなんです。おすすめ。

結局花より団子。

写真

写真

写真

写真

写真







スポンサーサイト
プロフィール

sagiyakko

Author:sagiyakko
偽OLが綴る、B級グルメ、部屋に活けた花、海外旅行(韓国・台湾メイン)の日記です。大部分はmixiから引っ越した過去日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。